スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴリラ10インチ化への道④

後輪外し
やっと組み付けの段階まできました。
スイングアームはタケガワの16cmロングを中古ショップで購入。
…にしても欠品がブレーキロッドだけっつー話だったのにピボットのブッシュが抜け落ちてありません。(怒)
まぁブッシュは新しいのに越したことないので別途購入しました。
ネットで買うときは気をつけないとね。

リア周り
リアショックはタイのショックメーカーGAZIの汎用330mmショック。
価格の割にはコレが一番しっかりしてそうだった。
何かたくましくなった感じがします。(^^


R0011798.jpg
今度はフロント周りの交換。
ココまでかなり予算オーバーなのでベアリングレースはそのまま使用します。
できれば交換した方が良いけど、まだ大丈夫そう。
使えるモンは全て再利用。(^^;


フロント組立
念願だった10インチが付いた状態。
フロントフォーク&ディスクブレーキはNSR50を流用。
まぁ、モンキーチューニングにおいての定番ですが安定感は良さそう。
DIO-ZXの金フォークも付けてみたかったけど、加工ありありのようだったので今回はパス。
CD50のインナーチューブをカットして20mmのタップが立てられればイケルんだとか。

昨日放送の世田谷ベースでも
カスタムしたダックスについてハンドルが切れないって語ってたけど、このゴリラも同じ症状。
アフターパーツの三叉ってみんなこんな切れ角なんでしょうか?

次回はいよいよ最終局面、完成編へとつづく。

ゴリラ10インチ化への道③

タイヤ
ちょっと前になりますが10インチのタイヤを買いました。
F3.50-10 R100/90-10をチョイス。
リアは2.5Jのホイールにはめられるできるだけ太いのにしました。
ネットで買うと普通に店で買う値段の半額です。安っ!


タイヤ交換
作業中の画像はありませんが、ココまでかなり紆余曲折…
ホイールにL型バルブがなかなか入ってくれません。
ホイール付属のバルブを2本切ったところでバルブインサーターを購入。(涙)
しかし、L型バルブなのでなかなか上手く力が掛かりません。
リム部分に当て木をして何とか1本挿入。(疲)
そして2本目…切れた…もう疲れた。

泣く泣く閉店間際のNAPS足立店へバルブ買いに行く。
帰り際にピットの人にコツを聞いてみる。
バルブの曲がりに内張り剥がしを引っ掛けて入れるんだとか。
マヂ?バルブインサーター使わないの?
帰って早速トライ!
…あっさり挿入。今までの苦労はなんだったのか…

やっとタイヤ嵌められるぅ~。
この時の為にタイヤレバーも買ったし、YouTubeでイメージトレーニングもしたし大丈夫と自分に言い聞かす。
新品のタイヤって硬いのでなかなか入ってくれません。
切ったペットボトルをリムに当ててやったけど新品のホイールはキズだらけ…(涙)
自転車用のプラスチックのタイヤレバーならキズつかなくて良いんじゃない?
自転車用持ってるし。気を取り直して2本目。
…買ったスチール製のタイヤレバーより簡単に入ってくれました。(^^;
リムにキズも付きません。
原付のタイヤ交換ならコレで十分だな。

今回の作業は疲れたなぁ…
次回は車体組み付け編へつづく。

ゴリラ10インチ化への道②

前回同様、キャリパー周りのオーバーホールをお届けします。(^^

純正部品
キャリパー&マスターシリンダーのOHに必要なパーツ。
純正部品イパーイ!
こんなに買うんなら汎用の新品ブレンボを買ったほうが良いんじゃないか?

シリコングリス
シール類はゴムにやさしいシリコングリスを使用します。
モリブデングリスと比べると結構お値段が高いですがOHには必需品。

シール
左側はシリコングリスを薄く塗布してピストンシールを入れた状態です。
ダストシールも同様に入れます。(写真はまだ入れてません。)

ピストン
シールがめくれないようにやさしくピストンを挿入。
このピストンがブレーキレバーを握るとムニュってパットを押します。
ばらす時にピストンを1つキズを付けてしまったので1個は新品。慎重にやれば良かった…

マスターシリンダーピストン
ほんでもって今度はマスターシリンダーのピストンを挿入。
スナップリングプライヤーが必要なトコですがそんな便利な工具はありません。
スナップリングにグリスを塗ってマイナスドライバーでやさしく入れます。
あまり無理に突くとシールを傷めたりするのでやっぱり専用工具があった方が良いでしょう。

キャリパー、マスターシリンダー
なんとか無事OH終了。
あんなに汚かったモンが綺麗になると喜びもひとしお(^^
あとはゴリラに装着後エア抜きをします。
結構コレが大変だったりする…
まだまだエンドレス!

ゴリラ10インチ化への道①

しばらく放置状態だったゴリラを念願だった10インチ化へ向けてイジリ始めました。

分解
手始めにヤフオクで落札したNS50F用のキャリパー&マスターシリンダーのオーバーホールから。
キズは殆どありませんが汚れがスゴイっす。
まぁ、20年位前の部品だから仕方ありませんね。
とりあえず全て分解します。
消耗品の純正部品はレッドバロンで調達済み。
翌日入荷でめちゃ早くてビックリ!レッドバロン最高!(^^


マスターシリンダー
マスターシリンダーも分解。
オイルレベルの覗き窓が曇っているのが残念…
色も変色しているのでリューターで磨いてみましたが透明にはなりません。orz
これじゃオイルレベル見えないよ。


塗装2
パーツクリーナーで落とした後は、中性洗剤で洗浄。
ピストンが通るトコは紙ヤスリで落とします。
画像はありませんがこの作業が一番大変…

キャリパーは熱を持つので耐熱スプレーで塗りたかったけど、何処にも耐熱のゴールドが売ってません。
あるのはブラックとシルバーだけ。
いっそシルバーで塗っちゃうかと思ったけどやっぱり黄金色にしたかったので
ホイール用スプレーでペイント。まぁ大丈夫でしょう…剥げたらまた塗れば良いし。
ちなみに、ここまで1日の作業ではありません。(^^;

アドレス110蘇生

新車で買ってからちょうど10年の私の通勤バイク、アドレス110。
ココ2週間程前からセルが掛からずバッテリー切れの様子。
前日まで調子良かったのに何故ぇ~?

とりあえず車のバッテリーからブースターケーブルでバイクにつないでみます。
セルは回るけどエンジンが掛からない…
問題はバッテリーだけじゃないのか?

バッテリーターミナルをテスターで電圧チェックしましたが回転上げても電圧が変わらず…
ジェネレーターの不良?結構壊れるって書いてあるし。
ダメもとでブースターケーブルのマイナス側をエンジン本体につないでみる…
おおっ!元気にセルが回り1発で始動!
アース不良?アーシングするなんてプラシーボ効果と思ってたけど、まさかコレが原因とは…
ほとんどノーメンテで乗ってたバチが当たったか?


R0011708.jpg
結局アーシング&リフレッシュの為にカウルのバラシから始めます。
スズキのバイクってバラシづらいなぁ。
ホンダなら簡単にバラせるのに。
こういうトコでコストダウンの差を感じます。


R0011709.jpg
右のが古いバッテリーですが充電しても全然お腹一杯になってくれなかったので
左側のバッテリーを購入。
ホームセンターやドラスタなんかで適合のバッテリーだと1万円近い値段なので
今回は秋葉原でお馴染みの秋月電子通商八潮店でLONGのバッテリーをチョイス。
大きさは一回り小さいけど同じ12V5Aなので無問題のはず。
\1500円は爆安!


R0011710.jpg
ホームセンターで460円/mのケーブルでアーシング。
片方はエンジン本体に接続。


R0011712.jpg
もう片方はレギュレーター部分に接続。
さらにココからバッテリーまでアースケーブルを持っていきます。
ケーブルを1mしか買わなかったので延長は手持ちのカーステ用のケーブルを使用。(黒いコードね)
両方ともケーブルは8スケアを使用。


R0011713.jpg
バッテリーのターミナルがファストンなのでケーブルをハンダ付けして車体側のケーブルとは
ボルトでつないで、バッテリーをセット。
新しいバッテリーは長さが短いので、空いたスペースに角材を抱かせます。
奥なので画像ではかなり見づらいですね。(^^;


R0011715.jpg
以前に比べるとセルの回りが良くエンジンの掛かりが凄くイイッ!
アーシング&秋月バッテリー恐るべし…
2万キロ乗ってるし、今度は駆動系もやらなきゃね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

mukosuta-jo

Author:mukosuta-jo
mukosuta-joのブログへウェルコネ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。